1. レビトラ通販の真相に迫る!今人気のED治療薬購入法   >  
  2. レビトラ通販と薬事法

レビトラ通販と薬事法

本と男

レビトラ通販の利点を前項では紹介しましたが、通販の安全性を確固たるものにすべく定められているものが法律なのです。これは、厚生労働省により管理せれている『薬事法』と言われるもので、わが日本国での薬に対する薬の管理から、製造、販売、また今回の海外医薬品についても関係しています。

では、レビトラ通販でどのように法律と関わりがあるかひも解いてみよう。まず、通販の概要としては、我々消費者と、薬を販売している通販運営サイト、製造元の海外製薬会社の三角関係にある。

流れとしては、消費者が通販サイトから商品を購入し、入金を確認すると運営サイトが海外製薬会社へ発注を掛ける。受注した海外製薬会社は運営サイトからお客様情報を受理し、出来上がった商品を消費者宅へ発送します。そこから飛行機により運輸、税関が通され国内へ輸入し物流により消費者宅へ届けられるといたものです。ここまでの流れで消費者が商品の注文から自宅へ届くまで一週間以上時間を要するので、急を要する薬を求める場合は不向きである事が解りますね。

ここで法律違反になる事例は、運営サイトが海外製薬会社から大量に商品を発注し、サイト側で商品を保管する事である。これは、正規の手続きに比べ、大量仕入れによって薬の単価を下げ利益を多く得ようとする違反行為である。これを見極める方法としては、サイトの特徴として『即日配送』と宣伝しているものや、納期が一週間以内という短期間のものである。

また、消費者においても落とし穴がある。それは購入した薬の利用目的である。厚生労働省はあくまでも、購入者本人の利用に限っているので他人に譲ったり転売してはいけません。以上の事を守れば、レビトラ通販も便利で安心なものであるといえるでしょう。お悩み解決テクニックを活かし、笑顔の絶えないハッピーライフを送って下さい。